>注目の話題

注目の話題

2015.05.21
Dr.データ復旧 - 合理的な料金設定

データ復旧費用を容量で算出している復旧会社が多いようですが、Dr.データ復旧ではデバイスの損傷状態から費用を算出しております。
 
例を挙げて説明致します。
A ➡4TB容量のハードディスクでフォーマットメッセージが表示された場合
B ➡100GB容量のハードディスクを落下させて異音する場合

 
どちらのが復旧費用が高いと思いますか。
 
単純に容量で算出しますと、Aの場合はとてつもなく莫大な費用がかかりますが、実は症状が比較的に軽い方で、復元ソフト等を使えばご自身で復旧出来る可能性もあります。
それに対して、Bの場合は異音がすることから、ハードディスク内のパーツに故障が起きていると考えられます。この場合は復旧難易度が高く、Aよりも復旧費用がかかることをご理解頂けるかと思います。
 
お客様から「デバイスに入っている1MBのデータだけ必要ですが、その場合は費用が安くなりますか?」というご質問をよく受けますが、その答えは、「復旧費用はデータ容量ではなく、損傷状態で決まります」です。
 
デバイスは既に故障状態であるため、1MBのデータを救い出す場合も全部のデータを復旧させる場合も、まずは故障原因を特定しなければなりません。故障原因を特定し、排除出来れば、基本的には全てのデータが復旧出来ますので、復旧データを全てお渡ししております。
 
車の修理で考えて頂ければ一番わかりやすいですが、弊社も同じように故障原因を特定し、合理的に復旧費用を算出しています。また、データ復旧後にデータ確認をお願いしております。ご希望のデータがない場合、またはデータはあるが正常に開かない場合は一切料金を頂戴致しません。復旧データを最大限に保障致します。

関連コラム

  • Dr.データ復旧の強み

    お客様の大事なデータをお預かりしているからこそ、安心して任せて頂ける環境を整えました。

  • Dr.データ復旧-復旧料金

    Dr.データ復旧の復旧料金は、デバイスとデータの破損状況によって算出されます。 容量、ファイルの種類、作業時間とは関係ありません。

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved