>注目の話題

注目の話題

2015.05.18
正しいデータバックアップ方法

正しいデータバックアップ方法
 
容量が多い場合
通常のバックアップ方法
1
●デメリット:型番も使い方も全く同じなため、同時に故障が起きるリスクが極めて高い。

Dr.データ復旧推奨のバックアップ方法
2
●もう一台のバックアップ用NASを用意し、バックアップ時のみを起動させる。型番も消耗状況も違うため、同時故障のリスクが低い。さらに、クラウドバックアップも出来ればもっと安心。

容量が少ない場合
通常のバックアップ方法                                                          Dr. データ復旧推奨のバックアップ方法
3
4








●バックアップする時だけハードディスクを起動させることによって、ハードディスクの劣化を抑えることが出来る。

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved