>注目の話題

注目の話題

2015.05.07
HDD故障状況分析


hdd-1弊社はデータ復旧業界で27年間の経験を積み重ね、 様々な故障データをまとめた上、ご依頼の故障状況を分析させて頂きました。

1. HDD自体は正常である
ケーブルの接触不良、ユーザーのハードディスクの構造、 原理への知識等の不慣れが原因でHDDが壊れてしまったと思われます。 HDDはダメージを受けていません

2. 復旧不可能故障状況
a. ディスクの上に目で見える明らかなスクラッチ
b. HDDが完全初期化されてしまった(ローレベルフォーマット)
データはもう入っていない状態

3. ロジカルダメージ 論理障害
HDD自体は故障していないが、内部の電磁的記録に障害が発生したものです。ユーザーの不正操作によるファイルシステムのクラッシュ、誤って行ったデータの削除、上書きは典型的な論理障害です。上記故障の場合HDDはまだ正常であり、データ復旧後にHDDの続きのご使用は可能です。

4. フィジカルダメージ 物理障害
HDD内部ハードウェアなど機器自体に障害が発生したものです。その場合、素早く電源をオフにしてください。それ以上の通電動作がHDDを今まで以上の酷い故障を作る可能性があります。

関連コラム

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved