>注目の話題

注目の話題

2015.05.01
どうすればハードディスクのデータを100%削除できますか

USBメモリー、SDカードなど様々な保存装置がある中で、ハードディスク(以下HDD)が一番使われています。しかし、廃棄・処分する際、 保存されたデータが完全に消えていないことが原因で、情報漏れに至ってしまうことが今、社会問題となっています。お客様ご自身でもデータを100%削除できる方法をご紹介致します。 
HDDはセクターという単位でデータを保存しています。1セクターは 512Byteです。全てのByteを数字の0で埋めていけば、HDDは空っぽ状態になり、中のデータが完全に消えてしまいます。この動作をLow Level Formatと言います。
各HDD製造メーカーは、①HDDは空っぽ状態であること②HDDが正常状態であること(損傷しているセクターを発見したらLow Level Formatは停止する)を確認するため、出荷する前必ずこのLow Level Format動作を行っています。 
インターネットで検索すれば、たくさんのLow Level Formatソフトが載っていますが、ここでは、WD社のData Lifeguard Diagnostic for Windowsというソフトをご紹介致します。

※注意:下記の操作を行いますと、データが100%消えてしまい、元に戻せなくなります。必ずご確認のうえ操作してください。なお、当サイトはデータの消失について一切の責任を負わないものとします。

Data Lifeguard Diagnostic for Windows

ファイル名:WinDlg_124.zip

ファイルサイズ:901 KB

バージョン:v1.24

ダンロードページ:(オフィシャルサイト)

Data Lifeguard Diagnostic 操作手順

注意!下記方法でデータを削除しますと、データの復元は一切できなくなります。

まずはこちらの画面(本ソフトの契約)が出てきます。
内容を同意の上、I accept the License Agreement を選択し、次へ進みます

lowformat-1

次の画面でPhysicalの所でお客様のパソコンと繋がっているHDDが全て表示されます。
その中で、削除したいデータが入ってるHDDを選び、to run tests or click"をクリックしてください。

lowformat-2

必ず削除したいデータが入ってるHDDの品番、S/Nなどを確認の上、WRITE ZEROを選択してください。

lowformat-3

WRITE ZEROの意味は全てのデータを数字の0で埋めるということです。
その為、一旦実行すれば、データは永久に消えてしまうのでご注意ください。

lowformat-4

実行中のプログラムを全て閉じて、YESをクリックしてください。

lowformat-5

こちらはデータ削除の最終確認画面となります。
問題がなければOKをクリックしてください!

lowformat-6

二つの選択肢①QUICK ERASE(クイックイレース)と②FULL ERASE(フルイレース)が出てきます。完全削除を行いたい場合はFULL ERASEを選択し、YESをクリックしてください。

lowformat-7

ここから全てのセクターに数字の0を埋めていきます。
容量が大きい程データの削除時間が長くなります。
※例:2.5TBのHDDは約6時間がかかります。

lowformat-8

完了しましたら、保存されていた全てのデータが数字の0に塗り替えられ、データの完全削除となります。復元は不可能です。

作者:Dr.データ復旧
引用・転載の際は、必ず出典元を明記してください。

関連コラム

  • Dr.データ復旧-初期診断について

    Dr.データ復旧は常に最小限の時間内で、最大限のデータを復旧させるよう、心がけています。

  • Dr.データ復旧-作業内容

    Dr.データ復旧は“ハードディスクの専門医”という理念の下、法人・個人のお客様に対し熟練の技術力と透明性の高いコミュニケーションでご満足いただけるサービスをご提供致します。

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved