>注目の話題

注目の話題

2017.12.25
RAID10の基礎知識

RAID10の基礎知識

RAID01、RAID0+1とも呼ばれています。RAID10では、高速・大容量なストレージ装置を追求するため最低4台のハードディスクが必要となります。上記RAID0の方式でデータを保存し、RAID1の方式でバックアップします。また、RAID1の方式でデータを保存し、RAID0の方式でバックアップさせ、同じ効果になります。RAIDの速度、容量、信頼性を大幅に向上しました。

長所:

同じデータが1つ以上にバックアップしてあるため、その中の一つのハードディスクが故障になったとしても、他方で処理を続行することができます。


短所:

同じデータを2つ持つことで、使用できるハードディスクの容量が全体の1/2になります。4台のハードディスクが入っている場合、2台の容量しか使用できません。また、1つ以上のハードディスクが故障した場合、故障したハードディスクに保存されてあるデータにより、処理を続行できない場合があります。


        RAID 10 データ復旧
 

関連コラム

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved